学校ブログ

ブログ一覧

12月5日 シンタクラース

 今日はシンタクラースの日(シント・ニコラスの誕生日)です。

 プレゼントは先週届けに来てくれました。が、それだけではなく、今日はシンタクラースに謁見することができました。

最初にシンタクラースの歌(オランダ語)で歌い、シンタさんの誕生日のお祝いしました。
その後、シンタクラースが持っている赤い魔法の本。そこに書かれていたそれぞれの学年の頑張りについて褒めてもらいました。

 10分ほどの短い時間でしたが、最後にもう一曲歌を歌い、チョコをもらって記念写真を撮って謁見を終了しました。

 

 中学部も謁見をしました。謁見の最初の感想は「でかい!」だったようです。そうです。シンタクラースは身長が高くて、とても大きな人です。

 中学部は、一人一人自己紹介と、今年の振り返り、来年の目標を発表しました。中学部生徒にとっても、とても価値ある経験となりました。

シンタさんの服とシンタさんにもらったチョコ。
本日のキャンティーンランチ 

 さて、スペインからきていたシンタクラース(シント・ニコラス)は、一連の行事をオランダ国内で終え、明日、誰にも知られずにそっとスペインに戻っていくそうです。

 シンタクラース、ありがとう!

 また、来年会いましょう!

<おまけ>

 シンタクラースに関しては、子ども達も色々と思い悩むこともあったようです。JSRで耳にした子ども達の思いを一部紹介します。

・リカちゃん(人形)がほしいけど、シンタさんは日本語が分かるかな。

・シンタさんが来たらサンタさんが来ない、サンタさんが来るならシンタさんは来ないんだって。どっちがいいんだろう。

・人参が黒くなって腐ってきてるけど、これだとオーゾースネイルがお腹こわすんじゃないのかな。

・シンタさんはどうしてオランダだけに来るんだろう。

シンタさんが来た!!

 シンタクラース(セント・ニコラス)の誕生日は12月5日ですので、シンタさんからのプレゼントは12月5日に来てプレゼントを置いていってくれるようですが、JSRには昨夜来たようです。

図書室での子ども達

いつものように登校した子ども達ですが、小学部の教室に鍵がかかっていて中に入れず、しばらく図書室で過ごしました。8時半少し前、各担任の先生が鍵を開けることができるようになったということで全員で教室に行ってみました。

教室の中を見てみると・・・

1.2年教室・・・なぜか散らかってます。
3・4年教室・・・散らかっている様子を見て、子ども達は茫然としています。

散らかっているのは、プレゼントを運んできたピートの仕業なのだそうです。

こうやっていたずらをすることもあるようですが、プレゼントもしっかりと置いていってくれるようです。そして、靴の中の人参や水はなくなっていました。

しかし・・・プレゼントは、どこ?

5・6年教室・・・こちらも散らかっています。しかし、早くもプレゼントを見つけたようです。

プレゼントは分かりやすいところではなく、謎解きが必要なところに隠してあったようです。謎を解きながらようやくプレゼントもゲット!

この後、みんなでピートのいたずらの後始末をしました。そして、プレゼントの中を見てみると・・・

それぞれ、素敵なプレゼントだったようです。

ありがとう! シンタクラース、ピート、そしてオーゾースネイル。

シンタクラースは足元からも
2022年12月2日 | カテゴリー : 小学部 | 投稿者 : moronaga

令和5年度児童生徒会役員選挙

 来年度の児童会生徒会役員を決める、立会演説と選挙が行われました。

 今回は3つの役職に5人が立候補しました。

立会演説会の様子

 JSRをどのような学校にしていきたいか、そのために、どんな活動をしていくのか、演説で訴えかけました。どの候補もしっかりとした考えを堂々と発表していました。

選挙は昼休み図書室で行われました。

 5人の候補者の皆さん、選挙活動も含めてご苦労様でした。自分で児童会生徒会役員に挑戦してみようと立候補を考え、実際に行動したこと、できたことに大きな価値があります。

 選挙結果は、当選・落選がはっきりとします。これは仕方がないことです。

 ですから、当選した人はできなかった人の分まで、しっかりと自分の公約を果たせるように頑張って活動してほしいと思います。

 そして、残念ながら当選がかなわなかった人は、次の機会、活動にあなたの力を活かしていけるよう、さらなる挑戦を期待しています。

活動の振り返り

 保護者の皆様、JSRでは大きな交流活動を行うごとに振り返りを書いています。ご覧いただいたことはあるでしょうか。掲示の場所は1階中学部教室前の廊下です。

小学部

 本校が大事にしている「Warm Heart」「Smile」、「Welcome & Thanks」、「Show interest」、「Compliment」)の視点で、相手を思いやる気持ちについて振り返りをしています。他校との交流だけでなく、運動会や秋華祭など、それぞれの活動を振り返り、次に生かしていけるようにしています。

 ちなみに、この振り返りは、子ども達がJSRに入学・転入してきてからずっと書きためているものですので、懐かしい姿(写真)も見ることができます。

中学部

 学校にお越しの際は、是非ご覧ください!

ピートが来た!

 シンタクラースに向け、JSRの小学部でも窓辺に人参を入れた靴とコップ一杯の水を保護者の皆さんにお願いして用意してもらいました。

1・2年教室

 人参と水はシンタクラースが連れている白い馬(オーゾースネイル)のためのもの。ピートがプレゼントを持ってきてくれた時、馬のために持って帰るのだとか・・・

 じゃあクリスマスの靴下と同じように前日に用意すればいいんじゃないの?と思っていましたが、すでにシンタクラースはオランダに上陸していて、シンタさんんもピートも毎日、色々な町を訪れているようです。そして、ピートはプレゼントの時だけではなく、時々家にやってきては人参をかじったり水を飲んだり、クッキーやチョコレートと交換することもあるようです。

 少し早めに人参と水を用意するのは、そのためなのだそうです。

3・4年教室
3・4年教室

 

 用意をする前は何人かの男子児童から「靴が臭かったらどうしたらいいですか?」という質問(ザ・男子の質問)もありました。もしかすると家で準備する時に、あれこれと悩みながら自分で用意した人もいるのかもしれません。保護者の皆様、いかがでしたでしょうか。

 人参と水を用意して今日で4日目。人参と水は変わらず・・・でもなく、早くもピートは置いてある人参をかじって帰ったり、水を飲んだりしているようです。

 朝、学校に来たらそれぞれの子ども達は自分の人参や水をチェックしているようで、「人参にかじった跡があった!」「水が半分ない!」とピートの仕業を報告してくれています。

5・6年教室

 さあ、JSRでの準備は整っています。あとはピートがプレゼントを持ってきてくれるのを待つだけです。シンタさん、よろしくお願いいします!