吊り輪に挑戦!!

 小5、中学部の体育の授業で先日吊り輪に挑戦しました。本校にある鉄棒が思ったよりも小さかったため、今回は吊り輪で様々な動きを取り入れてみました。「何かこわい!」「これでどうやって一回転するの?」と初めは話していましたが、下に大きなマットを敷いて安全を確保したり、友達と何度も試しているうちに、「何か楽しくなってきた!」「膝を曲げると楽に回転できる!」とコツをすぐに掴んでいました。

 オランダの公園でも見かけるこの吊り輪。いろんな楽しみ方があるので、いろんな運動に活かしてほしいです。一度吊り輪を体験して、少し自信がついたかな…

U-17 サッカー日本女子代表の選手が来校されました!

 1月25日、U−17サッカー日本女子代表の、谷川萌々子選手、古賀塔子選手のお二人が来校されました。谷川選手と古賀選手は、昨年10月にインドで開催された、U−17女子ワールドカップにも日本代表として出場し、大活躍された選手です!

 体育の時間に一緒に参加していただき、児童生徒とボールを使ったレクリエーションをしたり、ミニゲームをしたりしました。

 実際にミニゲームをした中学生からは、終わった後に「めっちゃ上手い!」という感想が聞こえてきました。オランダはサッカーが盛んですので、児童生徒の中にもサッカーを習っている子が多くいます。自分たちと歳も近いお二人のプレーを見て、とても刺激になったようです。

 谷川選手と古賀選手は、フェイエノールト・ロッテルダムの練習に参加するために、1週間ロッテルダムに滞在されているそうです。未来のなでしこジャパン目指して、これからも頑張ってください!!

墨を使って表現しよう!

 小学5年生の図工、中学部の美術では「墨」を使った作品を製作しました。墨で描くことで力強さや筆の流れが表現され、一人ひとりなかなか良い作品ができました。「流れが出るように、勢いよく。」「かすれも、いい味だしてるね!」と筆の運び方を考えたり、墨汁の量を調整したり、だんだんと大胆に表現しようと、工夫する姿が見られました。

 新しい一年のスタートとして、墨を使って作業をし、集中する時間を持つことができました。
何だか気持ちまで引き締まりました。

中学部2年生 実地訓練

 12月13日、5年生以上がオリボーレンレッスンで、オリボーレンを買いに商店街へ行きました。

 

 みんな笑顔満面! おいしくいただきました。

 昨日は、中学部2年生が英語科の授業の一環として同じ商店街に出かけました。それぞれ一人一人が担当教員からミッションを言い渡され、そのミッションに沿って買い物をするという活動でした。

そのミッションとは・・・

〇お店で一番人気のおやつを9人分買ってくること。

〇豚バラ肉をできるだけ薄くスライスしてもらい買ってくること。

〇一番熟成していて一番おいしいチーズを一人分買ってくること。       

                                 等々など・・・・・・。

 ただ物を買ってくるだけではなく、お店の人とコミュニケーションを取りながら商品選びをしなければならないミッションに、多少、緊張しながらそれぞれが出かけていきました。

スライスが通じませんでしたが、別の単語を使ってで注文。
オランダのスーパーなどでよく見かける生ジュースの機械。使い方は店員に聞かないとちょっとややこしい。
熟成具合が細かく分かれているチーズの本場オランダ。
薬局で商品を探す男子3人組

 さあ、ミッションは・・・

        

              

 全員、コンプリート! でした。

寒さ厳しく

今日の学校裏の道路のと青空

 先週から寒さが厳しくなってきているオランダ・ロッテルダムですが、今日はさらに気温が下がって、いたるところが凍っていました。しかし、写真の通り、大変美しい青空が広がる一日でした。

 今日は1~4年生はオリボーレンレッスン、中学部2年生は英語科の授業の一環(詳細は後日お知らせします)でベートーベン商店街に出かけました。

 ベートーベン商店街は、学校から徒歩10分ほどで行ける商店街です。

 1~4年生は全員で、5時間目にオリボーレンを買いに行きました。実は、3・4年生は4時間目に行く予定にしており、実際にお店まで行ったものの、まだ準備ができていないということで、5時間目に1・2年生と一緒に改めて出かけました。

 オリボーレンはオランダを代表する年越しのお菓子です。年末になると屋台が町のあちこちに出てきます。店によって味もずいぶんと違うようで、オランダの人は自分のお気に入りの店があるとかないとか・・・。

 例年のことですが、今年もオリボーレン買いもの体験のために、子ども達はオランダ語の練習を重ねてきました。以下は基本形です。

Een oliebo , alstublieft   オリボーレン1つ下さい

Met sukar         砂糖をかけてください

Hier opeten        ここで食べます

Alstublieft         どうぞ

Dank u wel         ありがとう

Daag           さようなら

 「砂糖はかけないでください」「持ち帰りです」等など、色々なバージョンも練習してきました。また、上の学年では「1つはここで食べて、残りは持ち帰り。持ち帰りのうち2つは砂糖をかけないで、残りは砂糖を少しだけかけてください。」といった応用系の注文の仕方も考えて練習してきました。

 練習の成果はいかに!
 揚げたてが一番おいしいのだとか

早速店先で食べました。
砂糖で口の周りを白くしながらおいしく食べました。

  明日は5年生と中学部が出かけます。

2022年12月12日 | カテゴリー : 小学部 | 投稿者 : moronaga

進路講演会

 昨日に続き、今日はANAブリュッセル支店から3名の講師をお迎えし、進路講演会を開催しました。対象は小学部5年生以上で航空会社の仕事(物流と旅客)についてのお話を聞かせていただきました。

普段空港で目にするスタッフや仕事内容だけでなく、見えない仕事がたくさんあることが分かりました。

 仕事のやりがいは、予定通り飛行機が運行した時の達成感と、お客様からの「ありがとう」の声。

人と接するのが好き、協力して物事を進めていくのが好き、変化を好むといった人などが航空業界には向いているとか。そして、何より語学が大切だという話もしていただきました。

人それぞれ向き不向きがあります。夢や希望を持ってこれからも努力をし続けてほしいと思います。その一方で、冷静に自分の性格もしっかりと自己分析して、向き不向きをしっかりと理解し、進路を決定していくことも大切だということですね。

 ANAブリュッセル支店の皆様、本日はお忙しい中ありがとうございました。

DSC_0296

スクールフォトレポート 2

 パナソニック教育財団のスクールフォトレポートに、本校の取り組みが掲載されました。以下のURLにアクセスすると、表示することができます。

 前回は、中学部の生徒が学んだことを、小学部1・2年生に伝えるという取り組みでしたが、今回は、小学部3年生の児童がオランダでの生活の中で体験したことについて、スライドや映像を作成し、前にいた学校の友達に伝えるという活動を行いました。ぜひご覧下さい。

https://www.pef.or.jp/school/grant/school_photo/20221207_02/

2022年12月8日 | カテゴリー : 小学部 | 投稿者 : koyama

シンタさんが来た!!

 シンタクラース(セント・ニコラス)の誕生日は12月5日ですので、シンタさんからのプレゼントは12月5日に来てプレゼントを置いていってくれるようですが、JSRには昨夜来たようです。

図書室での子ども達

いつものように登校した子ども達ですが、小学部の教室に鍵がかかっていて中に入れず、しばらく図書室で過ごしました。8時半少し前、各担任の先生が鍵を開けることができるようになったということで全員で教室に行ってみました。

教室の中を見てみると・・・

1.2年教室・・・なぜか散らかってます。
3・4年教室・・・散らかっている様子を見て、子ども達は茫然としています。

散らかっているのは、プレゼントを運んできたピートの仕業なのだそうです。

こうやっていたずらをすることもあるようですが、プレゼントもしっかりと置いていってくれるようです。そして、靴の中の人参や水はなくなっていました。

しかし・・・プレゼントは、どこ?

5・6年教室・・・こちらも散らかっています。しかし、早くもプレゼントを見つけたようです。

プレゼントは分かりやすいところではなく、謎解きが必要なところに隠してあったようです。謎を解きながらようやくプレゼントもゲット!

この後、みんなでピートのいたずらの後始末をしました。そして、プレゼントの中を見てみると・・・

それぞれ、素敵なプレゼントだったようです。

ありがとう! シンタクラース、ピート、そしてオーゾースネイル。

シンタクラースは足元からも
2022年12月2日 | カテゴリー : 小学部 | 投稿者 : moronaga

5年生 遠隔合同授業

 以前よりこのHPでもお知らせしておりました、5年生「算数」のローマ日本人学校との遠隔合同授業が今日の学習でいったん終了となりました。

 学習していたのは「面積の求め方を考えよう」という勉強で、平行四辺形や三角形、台形やひし形などの求積に関する学習です。学習計画時間は11時間を予定していて、合同で授業をしたのは、そのうちの5時間でした。

 今日の授業は、求積に関する学習のまとめとして、色々な形の面積を求めたり学んできたことを活かして問題を解くことで、学習を確認するという内容でした。

2つの三角形(画面の中)の面積は等しいか等しくないか。理由も考えて答える問題でした。

 今回が5回目ということもあり、回を重ねる毎に緊張も解けてきているようで、いつもの雰囲気で授業が進んでいき、発表も発言も活発に行われていました。

 同じ答えや理由でも、人それぞれ考え方や問題の解き方、説明での言葉の選び方や使い方に大きな違いがあります。それを発表し合うことでより深く学ぶことができました。また、画面の向こうの相手に自分の考えを伝えるためには、普段より情報を整理したり、順を追って丁寧に説明したりする必要があります。ノートをカメラに映す、タブレット端末の画面を共有するなどの方法を使って、相手を意識して伝えることができたように思います。

 

 これまでも学習の成果を発表し合う交流活動はWEB会議システム等を使って行ってきましたが、5年生や2年生が行っている遠隔合同授業は、1つの学習(単元)を一緒に学んでいくことでお互いを知り合い、色々な考えに触れたり違いに気付いたりすることで、子ども達自身の学びに広がりを持たせることを目標にしています。

 2年生の合同授業もあと1時間でいったん終了となります。

 

2022年11月22日 | カテゴリー : 小学部 | 投稿者 : moronaga

5年生の調理実習

 5年生の家庭科で調理実習を行いました。

 家庭科の「食べて元気に」という単元の学習をしています。この学習では、食事の役割と五大栄養素について知り、日本の伝統的な食事(和食)の主食と汁物である「ごはん」と「みそ汁」を調理することを目標にしています。

 そして今日は「ごはん」と「みそ汁」を作りに挑戦しました。

 4時間目にはみそ汁用のお出汁の香りが校舎内に漂い始め、5年生以外のおなかを刺激するいい匂いでした。

自分たちで作ったものは、とてもおいしい!

 ご飯は少し焦げてしまいましたが、またそれも香ばしく美味しかったようです。

 

2022年11月11日 | カテゴリー : 小学部 | 投稿者 : moronaga