3年生、重さの学習をしています。

 秋華祭も終わり、学びの秋

 国語では「すがたをかえる大豆」の単元。算数は「重さ」の学習に取り組んでいます。はかりを使い、目盛りを読みとり、「1kgはこれくらいの重さだね。」と実際に重さをはかったり、手で持ってみたり、体験しながら学習を深めていきます。楽しそうに「○○君のかばんは重いね。」「1ℓマスの水ならどれくらの重さ?」など、たくさん話しながら、身の回りにある物の重さをはかりました。

秋華祭、ステージ発表!!

 秋華祭では、各学年の学習発表を行いました。国語や社会で学習したことをテーマにしたり、オリンピックについてをニュースにして伝えたり、中学部では「名探偵コナン」を英語劇にして、演じました。

 それぞれの学年の良さが、とてもよく伝わる発表ばかりでした。

 秋華祭、音楽発表♪

 10月22日、23日とJSRでは秋華祭が開催されました。今年のテーマは

「以心伝心~心をかよわせて~」でした。JSRみんなで力を合わせて、リズムを合わせて、

そして心を通わせて、どの学年もすばらしい演奏を聴かせてくれました。

 また会場では、その姿を認め合う子どもたちの姿も見られました。

秋華祭にむけて、JSRみんなでがんばっています!!

いよいよ来週は、秋華祭が開催されます。

どの学年も本番のステージ発表に向けて練習をがんばってくれています。

各学年の音楽発表・学習発表に加え、小学部1~4年生はよさこいソーラン、小学部5、6年生中学部は太鼓演奏。

JSRみんなで声をかけあい、息を合わせ、みんなで一丸になって取り組んでいます。

本番で発表が「成功」することも大切ですが、みんなで練習して創りあげる「過程」も同じくらい大切にしてほしい

と思います。本年度のテーマである「以心伝心」に対する意識も高まってきました。

後期 日程はじまりました!

 10月4日から本校では後期日程がはじまりました。

始業式では、校長先生・伊地知先生の話からはじまり、3・4年生の発表、中学部2年生の発表と続きました。

いろいろな人の話をしっかりと聴く子どもたちの姿から、後期へのやる気が伝わってきました。

前期の終業式を行いました。

  10月1日に本校は前期課程を終え、終業式を行いました。終業式では、校長先生から「主体的に学ぶ態度」の話がありました。子どもたちに自ら学ぶことの大切さが伝わるよう、未来の社会や仕事についてを織り交ぜながら、話を進めてくださいました。子どもたちも自分の未来を想像しながら、真剣に聞いてくれました。

スーパーマーケットの工夫をさがそう!

 3年生の国語と社会では、スーパーマーケットの工夫について学習しています。先日は学校の近くにあるスーパーにおつかいに行きました。店員さんにポケトークを使ってインタビューしたり、自分でレジに並んで1人で買い物をしたり、体験活動をしました。「いつもこのパンを買うんだよ。」「紅茶はたくさんの種類があるよ。」などみんな楽しくお買い物をすることができました。